2015
08/31
05:22

[斜め読み] Polymer1.0のドキュメントを読む - Quick Tour of PolymerLatest!

[斜め読み][Polymer][WebComponents]

https://www.polymer-project.org/1.0/docs/start/quick-tour.html * Polymerを使うと宣言的にWebコンポーネントを作るのが簡単になる * このセクションではPolymerをインストールせずに使ってみることができる。Edit on Plunkerクリックすると操作可能なサンプルが開く。 * エレメントの登録 * エレメントの登録には`Polymer`関数を呼ぶ。これによってエレメントがブラウザに登録される。 * 登録作業はエレメントと対応するタグ名を関連付けてプロパティやメソッドをカスタムエレメントに追加できるようにする * カスタムエレメントの名前には**必ずダッシュ(-)を含める必要がある** * ローカルDOM * Polymerではエレメント内部(template内部)の要素をローカルDOMと呼ぶ * ローカルDOMと子要素の組み合わせ * エレメントの子要素を、ローカルDOM内に子要素として表示できる * `<dom-module>`内のCSS定義はこのカスタムエレメント内に限定され、他の部分に影響を及ぼさない

2015
08/30
04:27

[斜め読み] Go向けクロスプラットフォームデバッガの紹介

[斜め読み][Go言語][golang]

Introducing a cross-platform debugger for Go http://blog.mailgun.com/introducing-a-new-cross-platform-debugger-for-go/ * 2015年4月の記事 * gdbは動かないことが多い、delveはOSXで動かない、print文はつらすぎる * godebug作った * ソースにデバッグコードを追加する * 使い方 1. インストールする ``$ go get -u github.com/mailgun/godebug`` 2. ブレイクポイントを設定する `` _ = "breakpoint"`` 3. godebugでプログラムを実行する ``godebug run hoge.go`` 4. デバッグコマンドを実行してデバッグ。hでヘルプが出る * デフォルトではインポートされたパッケージにはデバッグ用コードを追加しない * ``-instrument=packageName``オプションを使うとインポートパッケージもデバッグ対象にできる。ただし標準ライブラリ以外

2015
08/25
01:38

Ultisnipsが有効にならないときはセッションファイルを消してみる

[vim][Ultisnips][vim-session]

vimのスニペットプラグインUltisnipsを入れても動かない場合、 まずはここを見て対策します。 https://github.com/SirVer/ultisnips/issues/264 それでも動かない場合はディレクトリにあるセッションファイルを削除してみましょう。 私の場合は vim-autosession プラグインを使っているので、 ``.vim_auto_ses`` という名前でした。 追記: セッション保存プラウグインを https://github.com/xolox/vim-session に変更しました。 vim-autosessionの生成するセッションファイルが原因なので、セッションの自動保存をするプラグインを上記のものにかえました。 以下自動でセッションの保存と復元をする設定です。

2015
08/23
23:17

[斜め読み] HTTP/2、新しいプロトコル

[斜め読み][HTTP2]

HTTP/2 – The new protocol on the block http://royal.pingdom.com/2015/06/11/http2-new-protocol/ * 2015年6月の記事 * HTTP/2は新しい使用だが多くのブラウザでサポートされるようになっている * このサイト https://http2.akamai.com/demo でHTTPとHTTP/2の速度比較のデモが見られる * HTTP/2の主な目的 * リクエストとレスポンスを多重化することで遅延を少なくする * HTTPヘッダフィールドを圧縮することでプロトコルのオーバーヘッドを最小化する * リクエストの優先度付と、サーバープッシュのサポート * HTTP/2はテキストではなくてバイナリ * 二つの仕様からなる RFC7540とRFC7541(HPACK) * 一つのコネクションで複数のストリームを扱える * アプリケーションを変更する必要はない

2015
08/22
00:39

Polymer1.1リリース、変更点はひとつだけ

[Polymer]

https://blog.polymer-project.org/announcements/2015/08/13/1.1-release/ * CSS定義だけを含んだカスタムエレメントを作って、それを読み込むことでスタイルの共有が簡単にできる。 * 他のエレメントで読み込むには`<link rel="import" href="">`タグでスタイルを定義したhtmlを読み込み、`<template>`タグ内で`<style include="">`を使ってスタイルを読み込む ``` <link rel="import" href="../shared-styles/shared-styles.html"> <dom-module id="x-foo"> <template> <style include="shared-styles"></style> </template> </dom-module>

2015
08/19
23:15

[斜め読み] Polymer1.0のドキュメントを読む - What is Polymer?

[斜め読み][Polymer]

https://www.polymer-project.org/1.0/docs/start/what-is-polymer.html * Polymerはモダンウェブのための再利用可能なコンポーネントを、より速く、より簡単に作れるようにするために設計されたライブラリ * PolymerはWebコンポーネントでも、エメレントでもない。Webコンポーネントの仕様に基づいて独自のカスタムエレメントを作るための補助をするもの * Polymerにはすでに各種エレメントが用意されているので、すぐに使いはじめることができる。[エレメントカタログ](https://elements.polymer-project.org/)

2015
08/18
00:05

Vimのmarkdownプラグインを乗り換えた

[vim][markdown]

いままで https://github.com/plasticboy/vim-markdown を使っていましたが、タブキーを押した時にリストのマークを自動でインデントしてくれないのに嫌気がさして https://github.com/gabrielelana/vim-markdown こちらに乗り換えました。 デフォルトでスペルチェックが有効になっており、日本語全部に赤い下線が引かれてしまうので、 ``` let g:markdown_enable_spell_checking = 0 ``` でスペルチェックをオフにして使っています。 ``:help`` でマニュアルが出ないのはVimのプラグインとしてはどうかと思いますが、今のところ快適です。 あとはインデントのサイズを変更できればいうことないですね。 ** 2015/08/31更新 ** このプラグインを入れていると、ピリオド3つが勝手に三点リーダに変換されます。 うっとおしいのでオプションでOFFにします。

2015
08/17
12:03

[斜め読み] Polymer1.0のドキュメントを読む - Migration Guide

[斜め読み][Polymer]

https://www.polymer-project.org/1.0/docs/migration.html * Polymer0.5対応のエレメントを1.0対応にするための移行ガイド * [PolyUP](http://polymerlabs.github.io/polyup/) このガイドで解説されている内容を自動で処理するツール * 簡単な移行作業が必要な項目 * Web componentsポリフィルライブラリ * エメレントレジストレーション * ローカルDOMテンプレート * タグを使ったイベントハンドラの宣言 * プロパティの定義 * デフォルト属性 * レイアウト属性 * polymer-readyイベントの代わりに WebComponentsReadyを使う * domReadyイベント * ジェスチャ * Vulcanize * エレメントとヘルパメソッドの変更 * より多くの移行作業が必要な項目 * プログラムによるDOM操作 * データバインディング

2015
08/15
04:02

[斜め読み] Polymer1.0のドキュメントを読む - Introducing Polymer 1.0

[斜め読み][Polymer]

https://www.polymer-project.org/1.0/docs/ * 1.0では動作速度の改善と読み込みサイズの縮小に注力した * 0.5のAPIとは互換性なし * ShadowDOM shim として ShadyDOM を新たに開発 * [medium-list](https://github.com/polymerlabs/benchmarks/)ベンチマークでChromeで3倍、Safariで4倍速くなった * この先の予定 * 追加のジェスチャーシステム * ShadyDOMと他のフレームワークの相互運用性改善(訳者注:他のフレームワークとは?) * スコープをまたいだスタイル * `::shadow` と `/deep/` はShadowDOMのスペックから取り除かれた * CSS Custom Stylingに基づいたスコープをまたいだスタイル指定 * データバインディングの改善 * ShadyDOMのWebComponents Polyfillへ寄贈 * CSSカスタムプロパティの事前処理を行うツールの開発

2015
08/10
09:22

[Polymer 1.0] paper-itemの中にaタグを入れると、モバイル環境でクリックできなくなる

[Polymer][paper-item][paper-menu]

paper-itemの子要素にaタグを入れるとモバイル環境でクリックできなくなります。 core-itemでは何の問題もなく動いていたので、バグだと思う人が多いらしく、GitHubにもpaper-itemやpaper-menuのリポジトリににIssueが上がっています。 ただ、paper-item のデモをみても、Polymer Starter Kit をみても、paper-itemにaタグを入れた例は一つもなく、GitHubのIssueも全て放置されていることから、開発チームは意図してこうしているのではないかという気がします。 現状、この問題にぶつかった時の回避策は2つあります。 ### 1. paper-itemを使わない Polymer Starter Kitで採用されている方法で、paper-menu の下に直にaタグを置き、スタイルを自前で定義しています。 aタグがそのまま使える一方で、スタイルを自前で定義する手間があります。 ### 2. paper-itemのon-tap属性にイベントハンドラを設定してJavaScriptでリンクをクリックする StackOverFlowにヒントがありました。

2015
08/10
00:54

[斜め読み] クリーンアーキテクチャをGoで実装する

[Go言語][golang][クリーンアーキテクチャ][斜め読み]

Applying The Clean Architecture to Go applications http://manuel.kiessling.net/2012/09/28/applying-the-clean-architecture-to-go-applications/ * 2012年9月の記事 * Uncle Bobの[クリーンアーキテクチャ]()を実際のGoアプリケーションに適用してみた * アプリケーションは例示のため簡素化したもの * 最も重要なのは依存性のルール * 初歩的なショッピングカートシステムを作って解説する。ソースコードはこちら https://github.com/ManuelKiessling/go-cleanarchitecture * コードをわかりやすくするために、決済などの機能は省いてある * また、上から下へ読んで理解できるようにするために冗長なコードになっている * アプリケーションの構成は四つの層に分離される。ドメイン、ユースケース、インターフェース、インフラ * ショッピングカートのドメイン、あるいはビジネスは、お客が商品を注文に追加すること。このビジネスエンティティとルールをドメイン層でコードにする必要がある