2015
10/21
07:22

[斜め読み] GoバイナリのDockerイメージを作るもっと簡単な方法Latest!

[斜め読み][Go言語][golang][docker]

https://medium.com/iron-io-blog/an-easier-way-to-create-tiny-golang-docker-images-7ba2893b160 * 2015年7月の記事 * [最近アトラシアンが同じ話題について記事を出した](https://developer.atlassian.com/blog/2015/07/osx-static-golang-binaries-with-docker/?utm_source=golangweekly&utm_medium=email)けど、内容が複雑すぎると思ったのでこの記事を書いた * GorillaMuxを使った単純なWebサーバプログラムを用意する * やること 1. Godepなどを使って依存モジュールを固定する 2. Dockerコンテナ内でバイナリをビルドする 3. 可能な限り小さいDockerイメージ(例えば`scratch`など)を探して、それにバイナリを埋め込む 4. 最終的にイメージファイルのサイズは4MBになった * サンプルコード一式はここにある https://github.com/treeder/tiny-golang-docker

2015
02/09
05:09

英語学習におすすめのアニメ8選

[英語][アニメ]

日本語のセリフを暗記するぐらい何度も見たものを選ぶのがポイントです。 入手は米アマゾンからになるのでひと手間かかります。リージョンコードに注意して下さい。 BluRayの場合北米版は日本のプレイヤーでも再生できますが、DVDは再生できません。 ジブリ作品なら国内のBluRayを買うと英語音声がついてくるようなので入手しやすくてよいでしょう。 ### 1. パトレイバー劇場版  文句無しの一位、日本語版と英語版、どっちも同じ人が声を当ててるんじゃないの?と思うくらいです。 今手に入るのはDVDですが、2015年5月にアメリカでBluRay版が発売予定なので、これから買うならそれを待つのがいいかと思います。 ### 2. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア  僅差で二位。これもキャストがはまってます。 青い瞳のキャスバルもきっと英語版が出るでしょうね、今から楽しみです。 ### 3. 風の谷のナウシカ  三位、英語版キャストもイメージそのまま、演技も素晴らしいです。 クシャナ妃殿下をユマ・サーマン、アスベルをシャイア・ラブーフが演じています。 ### 4. となりのトトロ

2015
02/09
03:07

Ubuntuで起動直後に出る「システムプログラムの問題が見つかりました」ダイアログを消す方法

[ubuntu]

日本語でタイトルのようなダイアログが出る場合と、英語で「System program problem detected」というのが出る場合がありますが、どちらもゾンビのように何度も何度も表示されます。 原因は以前のクラッシュレポートが何らかの理由で送信されず、/var/crash 以下に残っていることのようです。 ``` sudo rm /var/crash/* ``` とすると表示されなくなりました。 参照元:http://askubuntu.com/questions/133385/getting-system-program-problem-detected-pops-up-regularly-after-upgrade

2015
02/09
03:06

Ubuntuで青空文庫を読むアプリの決定版 「aobook」

[ubuntu][aobook][青空文庫]

Windowsを使っていた頃は青空文庫を読むのにsmoopyというアプリを愛用していて、 環境をUbuntuに移行してからもこれだけは代わりを見つけることができないでいました。 その結果、VNCを使ってWindowsマシンにつなぎ、そのなかでsmoopyを実行して青空文庫を読む、 というめんどくさいことを余儀なくされていました。 しかし! ついにそんな日々に終わりを告げるときがやって来ました。[「aobook」](http://sourceforge.jp/projects/aobook/) の登場です。 ### インストール手順 http://sourceforge.jp/projects/aobook/releases/62557 からソースをダウンロードします。 ソースを解凍、コンパイル ``` tar xvjf aobook-1.0.1.tar.bz2 cd aobook-1.0.1 ./configure make sudo make install

2015
02/09
03:05

cronで実行するスクリプト内でmplayerを使って音を鳴らす

[cron][mplayer]

環境変数DISPLAY=:0をexportすると音がなります。不思議。 /etc/cron.d/play_sound ``` * * * * * root export DISPLAY=:0 && /usr/bin/mplayer /usr/share/sounds/KDE-Sys-Log-In.ogg ``` 参照:http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=2228842

2015
02/02
03:53

さくらのVPSからDigitalOceanへ移転

[さくらのVPS][docker-compose][docker][fig][DigitalOcean]

しました。 ### DigitalOceanにした理由 実は、最初はさくらVPSのSSDプランに乗り換えるつもりで移転準備を進めていました。 さくらVPSのSSDプランはDigitalOceanのプランをそのままコピーしたような内容で、 どうせなら国内にサーバーがある方がいいかなと思ったのですが、 年明けにGoogleAnalyticsをみると、 どうやら「低速病」にかかったらしく、ページのロード時間が20秒とかになっており、 100ms程度のレイテンシ差はどうでもいい感じになりました。 ![sakura_loading_time.png](/userdata/blog/sakura_loading_time.png) さくらの低速病は[他のユーザのあおりを受ける](http://www.teradas.net/archives/13034/)場合と、 [自分のサーバが負荷をかけすぎて規制される](http://blog.malrone.info/archives/4269)場合の二通りあるようですが、 このブログはせいぜい一日数百ヒットなので多分前者かなと。

2015
01/29
04:15

figあらためdocker-compose 1.1.0rc1がリリース

[docker][fig][docker-compose]

fig 1.1.0rc1がリリースされ、それと同時に名前がdocker-composeに変更されました。 大きな変更点は、 * コマンド名が ``fig`` から ``docker-compose`` に変更 * 設定ファイル名が ``fig.yml`` から ``docker-compose.yml`` に変更 * restartオプションに対応 * Swarm対応開始 でしょうか。このうち restartオプション対応は待ち望んだ機能なので早速figをdocker-composeにアップデートしてみます。 ### figからdocker-composeへのアップデート 念の為 fig 1.0.1をアンインストールします。 ``` sudo pip uninstall fig ``` docker-compose をインストール ``` pip install docker-compose==1.1.0-rc1 ``` 既存のfig.ymlをdocker-compose.ymlにリネーム

2015
01/23
08:52

pytest-localserverでテスト用のモックサーバを作る

[python][py.test]

httpリクエストを発行する処理を書いている時に気軽にテストを書きたいなら pytest-localserver プラグインがおすすめです。 ### インストール ``` pip install pytest-localserver ``` ### `` ffi.h: No such file or directory `` というエラーが出たら libffi-devライブラリをインストールして下さい。 ``` sudo apt-get install libffi-dev ``` ### 使い方 pytest-localserver をインストールしていると、特になにもしなくてもテストケースで ``httpserver`` というフィクスチャが使えるようになります。 ``` def test_server(httpserver): pass

2015
01/19
09:25

watchdogでファイルを監視している時にVimでファイルを保存すると三回イベントが発行されて困ったらdropオプションを使おう

[python][vim]

py.testでテストを走らせるのにwatchdogの ``watchmedo`` コマンドを使っているのですが、 Vimでファイルを保存するとcreate update modifyの3つのイベントが発行されて、 テストが三回走ってしまうという現象に悩まされました。 これは ``--drop`` オプションをつけることで解決します。 GithubのISSUESに解決策がありました。 http://github.com/ ファイル更新を監視してpy.testを走らせる例は以下のようになります。 ``` watchmedo shell-command --patterns="*.py" -D -R --drop --command='py.test' ```

2015
01/14
01:46

SATAポート拡張ボード PCIX2-4PSATA3 および SATA3RI4-PCIE のBIOSを更新する

[HDD]

片方は玄人志向の、もう片方はエアリアの商品ですが、中身は同じです。 エアリアの方は高負荷時にS.M.A.R.Tコマンドの発行でディスクが消えるという現象が2回発生しました。 玄人志向の方は発生していません。 ファームウェアの違いが原因と睨んでアップデートをすることにしました。 **おことわり:ファームウェアのアップデートに失敗してカードが使えなくなっても私は責任を負いません。** ### ファームウェアのダウンロード 下記ページの下の方に "Télécharger" と書かれたリンクがあるのでそこをクリックしてダウンロードします。 http://www.station-drivers.com/index.php/downloads/Drivers/Marvell/Sata/MV9xxx-%2888SE91xx-92xx%29/Marvell-MV-91xx-92xx-SATA-6G-Controller-Bios-Version-2.3.1055/ ### ブータブルUSB DOSディスクの作成 ネット上にたくさん情報があるのでそちらを参照して下さい、例えば、

2015
01/13
08:32

numpyの配列比較で "ValueError: The truth value of an array with more than one element is ambiguous. Use a.any() or a.all()"

[python][numpy]

以下のようにnumpyの配列をassertしようとしてエラーになりました。 ``` assert np.array([1,2,3]) == np.array([1,2,3]) ``` numpyの配列を比較すると、「配列内の個々の要素について比較した結果」を配列として返すので、上のコードは次のような意味になります。 ``` assert np.array([True, True, True]) ``` True値が3つ入った配列をassertしてることになって、タイトルのようなエラーになったわけです。 なので、元のコードを次のようにしてやるとちゃんとassertできるようになります。 ``` result_array = np.array([1,2,3]) == np.array([1,2,3]) assert result_array.all() ```